脱毛LOVEトップ 脱毛お役立ち情報 脱毛の回数・期間TOP 鼻下脱毛

鼻下脱毛、完了までの回数と期間は?100件以上の口コミ分析で解明!

「数日前にカミソリで剃ったのに、もう生えてきたの?!」世の女性たちにそんなセリフを度々吐かせる鼻下の無駄毛。

剃るにつれて濃くなっていくような気もするし、毛抜きで抜くと結構ズキッと痛みが走る悩ましきスポットですよね。そんなトラブルメーカーな鼻下の無駄毛をすっきりと脱毛して、自己処理する手間や時間を大幅カットしませんか?

回数や期間はどれくらいかかるのかなど、鼻下脱毛に関する情報を深掘りしていきます!

様々な要因が、脱毛の回数や期間を左右する

脱毛の回数や期間に影響を与える要素とは

男性の鼻下に髭が生えているのは見慣れた光景ですが、濃さはともあれ、何故女性の鼻下にも毛が生えてくるのか、皆さんはご存知でしょうか。人体は実に理に適った構造になっているので、鼻下の毛にもきちんと存在理由があるのです。

また、女性によっても濃い人、薄い人、生えてくるのが早い人、遅い人と様々です。

鼻下の産毛の生え方を左右する様々な外的要因が、後の脱毛回数や期間に影響します。どのような外的要因があるのか、見てみましょう。

毛の濃さや伸びるスピードに影響する遺伝の力

「私の鼻下産毛はこんなに濃いのに、どうして○○ちゃんはいつも綺麗サッパリしているんだろう?」

他の人と比べて卑屈になっていませんか?○○ちゃんは密かに脱毛サロンに通っているかもしれませんし、元々体質的に毛が濃くないのかもしれません。

そもそも産毛の濃さや生えるスピードを左右するのは、あなた自身が持つ体質。遺伝として生まれながらにして身体の中に備わっている特徴と、後天的に様々な要因に反応する強弱の度合いが、毛の状態につながります。

特に遺伝に関しては自分の意思でコントロールできる範疇を超えている現象ですから、残念なことに思い悩んだり不思議に思うのは時間の無駄。毛穴の数やホルモンの分泌量、経年を自分の意思で調整できる人は存在しませんね。

外的要因が毛の状態や脱毛回数に影響する

遺伝の力には逆らえないとしても、後天的な要因には逆らえそうな気がしますよね。

では後天的要因とは具体的にどういうことを指すのでしょうか。ひとつはストレス。人はストレスが増えると男性ホルモンの分泌量が増え、毛が濃くなります

現代人は仕事や家事の忙しさ、ダイエット、食生活の乱れ、睡眠不足、恋愛の悩みなど、数多くのストレスに日々さらされています。また健康のために行う運動も、男性ホルモンの分泌を増やすため、毛を濃くします。

鼻下の産毛を増やさないために自力で努力するとしたら、いつまで恋心を忘れず女性ホルモンを多く分泌し、ストレスの少ない規則正しい生活を送ることと、穏やかでいられるマインドを持つことがとても大切ですね。

脱毛の期間を長引かせる自己処理での鼻下脱毛

鼻下の自己処理はデメリットが多数

女性たちは美しさを保つため、毎日のように鼻下脱毛に努めますね。恋愛のため、仕事のため、自分のため、理由は様々です。

しかし、その自己処理が脱毛の回数を増やし、期間を長引かせることにつながっていることをご存知ですか?

闇雲に鼻下の産毛を抜くと毛周期が狂ったり、肌のコンディションが悪くなるなど、デメリットがたくさん発生します。

世の女性がどうやって自己処理をし、どんなダメージにさらされているのかを見てみましょう。

一番多いのは自分でカミソリで剃る方法

これは世の女性誰もが一度は試したことがある、最もメジャーで安価な自己処理方法です。顔専用のカミソリで優しく産毛を剃ります。特に産毛が濃い口角の辺りと鼻の穴の真下辺りは、念入りに剃ります。

ここで巷で実しやかにささやかれているのが、「カミソリで剃ると産毛が余計に濃くなる」というもの。でもご安心を。カミソリでそっても濃くはなりません。本来産毛は、自然のままだと毛先が細い状態です。

しかし、一度カミソリで剃ると断面が平らになるので、点の面積が広がって濃くなったように錯覚するのです。

また、自分で剃ると角度の調整が難しく、手が滑って肌を切ってしまったり、角質も一緒に剃って肌荒れを起こしてしまうなど、デメリットも多くあります。

毛抜きで1本1本地道に抜いていく方法

カミソリで剃るとまたすぐに伸びてくるので、毛抜きで抜いているという人も意外と多いようです。

鼻下は特に口角の辺りの産毛が濃くなりますから、その周辺を1本ずつ抜くわけですが、それが結構痛い!目に涙を浮かべながら、痛みをこらえつつ毛を抜く作業はストレスが溜まります。

また、無理矢理抜くことで肌が赤くなったり、炎症を起こして膿が溜まってしまうことも。毛穴も開き、肌にとって大きなダメージとなります。

基本的に毛は、抜くと埋没毛になりやすくなります。毛先が肌の外に出なくなるので、皮膚内に埋め込まれたまま伸びて、逆に目立ちます。

それを取り出すためには皮膚を切ったり押し出したりしなければならず、結局デメリットが大きくなります。

電気シェーバーでササッと剃る方法

かつては男性だけの道具だった電気シェーバーですが、現在では女性専用の商品も発売されていて、鼻下の産毛に悩む女性の強い味方になっています。自分で鼻下脱毛をするなら、電気シェーバーでするのが最も肌へのダメージが少ない方法です。

電気シェーバーの刃は、肌に直接触れない構造になっているからです。しかしその分毛を深く剃ることができないので、毛が伸びるのが早く感じて毎日する人も多いようです。

男性のようにシェービングフォームを付けてから剃るものと、シェービングフォームが不要なものもあります。

また金額的にも、カミソリが100円ほどであるのに対し、電気シェーバーは数千円~1万円以上するものもあり、コスパを考えると一長一短とも言えるでしょう。

ワックスでの鼻下脱毛も増えている

アメリカで主流になっている「ワックス」での鼻下脱毛をする女性も増えてきました。いわゆるブラジリアンワックスですね。ブラジリアンワックスの専門サロンでもフェイスメニューが殆どのお店にあります。

ワックスを自分で購入すれば、自宅で気軽に、そして安価に鼻下脱毛をすることができます。要はワックスで固めて剥がす時に一気に引き抜くので、綺麗に処理できます。でも結構痛い!毛抜きで1本1本抜いても痛いのですから、痛みはその数倍になります。

当然、皮膚が赤くなったり毛穴が開いてしまうというデメリットがあります。また、そもそもある程度の長さが無いと上手く引き剝がせないので、適度にヒゲを伸ばす必要があるというのもネックになります。

サロンやクリニックでの脱毛で自己処理要らず?

鼻下脱毛するなら脱毛サロンや脱毛クリニック

自分で鼻下脱毛をするのは、金銭的、時間的に大いにメリットがありますが、結局仕上がりに満足しなかったり、肌を傷つけたり、毎日の処理に手間がかかってしまいます。

ならば一層のことサロンに通って完全脱毛してしまおう!と考える女性が増えてきました。

脱毛サロンや美容皮膚科クリニックなどでの脱毛は高い、というイメージを持たれがちですが、サロン同士の熾烈な過当競争により、施術料金もどんどん安くなってきています。

サロンやクリニックでの鼻下脱毛の現状を見てみましょう。

回数や期間を決めるのは光の種類と毛周期

脱毛サロンと美容クリニックでの脱毛は、終了までの料金(2~3万円)に大差は無くても回数に倍近い差があります。理由は脱毛サロンと美容クリニックで使う光線の種類が違うからです。

脱毛サロンで使うのは光脱毛です。低出力の光の熱で毛根や毛母細胞を破壊して脱毛します。

光脱毛の場合、脱毛の効果は比較的低く、施術字の痛みも弱めです。副作用もほとんどありません。また産毛など細い毛には効果が出にくいのが弱点です。

一方、美容クリニックではより高出力の医療レーザーを使うことができるため、細胞の破壊力も格段に上がります。産毛にもしっかりと効果を発揮しますが、痛みも強めで、赤みや炎症が発生しやすくなります。

また、1本1本の毛の毛周期が違うため、モグラたたきのようにしばらくは脱毛を繰り返す期間が続くのです。

【脱毛サロン編】鼻下脱毛の回数と期間

では、より具体的に鼻下脱毛が完了するまでの回数や期間について、脱毛サロンの場合を見てみましょう。

エステやサロンで行われる鼻下脱毛に使われるのは「光脱毛」です。光の威力が低いので、毛母細胞を破壊する力が弱く、効果が感じられるようになるまでには、多くの女性が6回以上かかると感じています。

また、脱毛が完了するまでには12~18回ほど通う必要があり、一般的なコースの全12回では足りないと感じる人が多いようです。完全脱毛にはやはり18回~20回くらいを目安にした方が良さそうです。

また期間に関しては、毛周期を勘案すると1~1.5か月に1回のペースで通うのが良いため、完了するまでには約2年ほど見ておく必要があります。

【美容クリニック編】鼻下脱毛の回数と期間

美容クリニックはドクターや看護師が常駐する医療機関のため、高出力の医療レーザーの使用が認められています。毛母細胞を強く破壊し、太い毛も細い産毛も軒並み脱毛します。光が強いため肌にバチン!と当たって痛みを強く感じます。

でも効果的には絶大で早いので、クリニックを選ぶ女性が増えています。医療脱毛で永久脱毛が完了する回数は、鼻下脱毛の場合は平均で6回と言われています。

一般的なクリニックの鼻下脱毛コースは6回なので、追加照射は基本的に必要ない人が多いようです。追加したとしても合計8回で十分ではないでしょうか。

また1.5~2か月に1回のペースで通うことを推奨されるため、おおよそ1年で脱毛が完了してしまいます。

鼻下脱毛の回数や期間を少なくする方法はある?

鼻下脱毛の回数や期間の短縮する方法とは

脱毛サロンでの鼻下脱毛が完了するのに必要な回数はおよそ18~20回、期間は約2年かかることが分かりました。また医療レーザー脱毛の場合はおよそ6回で、約1年でした。

忙しい女性たちにとって、また経済的な点からしても、もっと少ない回数で早く終わって欲しい、というのが本音ではないでしょうか。

そこで、そんな願いが叶う余地があるのかを検証してみましょう。時間とお金を節約して、より賢くキレイを手に入れましょう!

脱毛期間中にやるべきこと

脱毛で光のダメージを受けた肌は、一気に乾燥が酷くなります。サロンやクリニックで脱毛直後に保湿ケアしてくれるのは、このためです。乾燥は脱毛の大敵。

毛穴が乾燥していると、光が毛穴の奥まで届かなくなり、脱毛効果が十分得られなくなります。脱毛している部分は毎日何度も保湿するようにしましょう。

またプラセンタやイソフラボンには抑毛効果があるので、それらが入った保湿クリームなどを使用することをお勧めします。保湿は脱毛結果を大きく左右するので、肌が乾燥しやすくなる冬は特に要注意です。

また肌を清潔に保つことも重要です。毛穴に角質が溜まっていたり、不規則な食生活でニキビが出来ないように配慮しましょう。これだけで脱毛の進み具合がだいぶ変わります。

脱毛期間中にやってはいけないNG項目

脱毛期間中は、家で自分で鼻下の毛の処理をしてはいけません。サロンやクリニックの人が計算しながら施術してくれている毛周期を狂わせてしまうからです。また日焼けをするのもNGです!

光やレーザーは毛に含まれるメラニン色素に反応して毛母細胞を破壊しますが、日焼けをしてしまうと肌にもメラニンが作られるので、光が毛に集中的に当たらなくなってしまいます。

外出時はできるだけ紫外線が当たらないように、日傘や帽子でガードしましょう。生活リズムも毛周期に大きく影響します。

睡眠不足や多忙、精神的ストレスなど、心身のリズムが狂うと男性ホルモンが増加して毛周期が狂うので、なるべく安定した生活を送るよう心がけることが大切です。

まとめ

いかがでしたか?鼻下脱毛に関する様々な情報をご紹介しました。やはり永久脱毛を期待するのなら、医療レーザーによる脱毛をなるべく少ない回数で受けるのが、コスパ的にも体験者の口コミからもおすすめです。

敏感肌の人や痛みに弱い人は、時間はかかりますがゆっくりと根気強くサロン脱毛に通うのが良いでしょう。永久脱毛とはいきませんが、ほぼ自己処理が必要のない状態までもっていけます。

まずは自分の毛周期や毛の特徴を知るためにも、サロンとクリニック両方の無料カウンセリングに行き、どれくらいの回数や期間で脱毛を完了できるか試算しもらうと、より具体的に今後の計画が立てられます。

鼻下脱毛で明るい肌と接近戦に強い自信を手に入れましょう!

カテゴリー 一覧

  • 脱毛お役立ち情報
  • 脱毛サロン情報
  • 医療脱毛クリニック情報
  • 脱毛LOVE特選記事
  • 家庭用脱毛器
  • 脱毛クリーム
  • 脱毛石鹸
  • ブラジリアンワックス
  • メンズ脱毛
  • 脱毛Q&A
  • 脱毛オトク情報
07月人気No.1