脱毛LOVEトップ 脱毛お役立ち情報 脱毛部位TOP 足、ひざ下脱毛

足、ひざ下脱毛のメリット・デメリット|自己処理時のNG行動もご紹介!

「脱毛をしたいな」と思う時、まず最初に思い浮かべる部位といえば、ひざ下やひじ下などの人に見られやすい部分ですよね。

でも、自己処理で済ませてきた人もたくさんいるのではないでしょうか?

「この先、ずっと自己処理で大丈夫?」「誰もがやってるひざ下脱毛に、デメリットはある?」

こうした素朴な疑問から具体的なサロン選びのポイントまで、イチから解説していきます!

初めての脱毛にもぴったりな足・ひざ下脱毛。最初から無理なくムダのない脱毛をスタートさせましょう!

足・ひざ下脱毛のメリット3選!ムダ毛処理だけじゃない?

足・ひざ下脱毛のメリットとは?

まずは、足・ひざ下脱毛のメリットをご紹介します。

脱毛をするメリットは、なんと言ってもムダ毛処理の手間が省けて美しい足をゲットできること。ですが、それだけでは無いんですよ!

足・ひざ下脱毛をすることで得られるメリットとは?ご紹介します!

スカートコーデも余裕の着こなし!

女性にとって、スカートを履く機会は多いものですよね。

いつもはロングスカート・パンツコーデでも、職種によっては勤務時間はスカートを履かなくてはいけない人もいるでしょう。それに、夏は涼しく膝丈スカートを履きたいものです。

でも、ムダ毛の処理が不十分だと、ストッキングを履いたりパンツルックでごまかしたりと、思うようなオシャレができないことも……。

そんな時でも、ひざ下脱毛が済んでいれば、気兼ねなくスカートを着こなせるようになります!

「ムダ毛が生えきてないかな?」なんていう心配は、する必要ないんですよ!

また、ひざ下脱毛は比較的リーズナブルで効果を感じやすいのも魅力。「今年は思い切ってスカートに挑戦しよう!」と新しいコーデを楽しむこともできるでしょう♪

スカートも履けちゃう美脚で自分に自信をつけて、ファッションの幅をどんどん広げていきましょう。

自己処理をしないで済むメリット!肌色が変化しスベスベになることも

脱毛をすることで、というよりも、自己処理をしなくなることで得られるメリットがあります。

  • 肌色がキレイに変身
  • 乾燥肌も潤いキレイな仕上がりに
  • 毛穴汚れも心配なし

「脱毛しただけで肌の色が変わる?」と不思議に思うかもしれませんね。しかし、実際に肌の色に変化が見られたという声は少なくありません

実は、カミソリや除毛クリームで自己処理する場合、少なからず肌を傷めてしまいます。そうすると、毛穴にかさぶたができて、毛が埋もれてしまう埋没毛になってしまう可能性があるんです。

それ以外にも、潤いが保てなくなって乾燥肌になってしまうリスクや、除毛クリームの使用によるかぶれなども想定されます。

キレイにしようと思った足が、だんだん傷ついていくなんて悲しいですよね……。

また、自己処理を続けて傷ついた皮膚が色素沈着を起こし、黒みがかった肌色になってしまう人もいます。

それが脱毛に通い自己処理が減ることで、本来のキレイな肌色に。

また、エステなどで行われる施術後のトリートメントや保湿によって、肌質の改善が見られた方も。

毛がなくなることで、毛穴に汚れが溜まるのを防いでくれるのも、嬉しいポイントですね。

意外なロスタイム!自己処理の負担軽減

それ以外に、自己処理にかかる時間も気になるポイントです。

肌への負担が大きいからといって、ムダ毛の処理をせずに外出なんてできませんよね?そのため、週に数回自己処理をしている女性も。

また、中には一本一本処理をしている方もいます。そうなると、ムダ毛処理だけで長い時間がかかってしまっているんです。

そんな自己処理の肉体的・時間的負担を減らしてくれるのが、足・ひざ下脱毛です。

数回の脱毛でも毛が少なくなってきたなと感じられますし、潤いや明るさも感じられるようになります!

これ、美脚を手に入れたい女性にとってはうれしいことばかりですよね♪

足・ひざ下脱毛のデメリットとは?

足・ひざ下脱毛のデメリットとは?

女性には嬉しいメリットが多い足・ひざ下脱毛ですが、実は困ってしまうこともあるんです。

特に足は周りから見られがちなパーツですし、脱毛を始めて大丈夫かな?と不安を感じられることもあるでしょう。

そこで続いては、足・ひざ下脱毛のデメリットや注意点もご紹介。

露出している部位特有のお悩みポイントから、自己処理の程度によって痛みの気になる部分でもあるようです。

でも、しっかりデメリットを把握すれば対策を立てることも可能。脱毛前に気になることは解決しておきましょう。

足は肌トラブルがあると目立ちやすい

ひざ下脱毛女子の気になるポイント一つ目は、「始めてみたら赤みが目立つ」ということでした。

赤くなってしまうというのは、もちろん脱毛した方全員に起きることではありません。

ですが、クリニックやサロンで使用している製品が自分の肌に合わない、もしくは脱毛機の熱が強くて赤みが数日だけ引かなかったというケースが、稀に起こります。

そうなると、赤くなった足を見せることに……。少し待てば治るとは言え、これは辛いですよね。

対策としては、万が一に備えて始める時期を出来るだけ肌見せ機会の少ないお休み中や秋冬にするのがベスト。

また、パッチテスト込のクリニックやサロンもあるので、肌が敏感な人は事前に相談をしてみるのも良い方法ですね。

脱毛範囲が難しい&費用や回数がかかる

脱毛の中で「足のパーツ」というと、ひざ下・太ももだけではないのをご存知ですか?

実は、ひざ下脱毛にはひざ小僧が入るのか入らないのか、下はくるぶしまでか、足の甲も入るのか?といった、ややこしい部分があります。

そのため、引っ越しやお店が合わなかったなどの事情で通うお店を変えるときには、脱毛範囲に注意しなくてはいけないんです。

また、その範囲の複雑さゆえに脱毛回数やパーツが増えてしまうことも。

「ひざも含まれてこの料金だと思ったら、ひざは別料金だった」というような勘違いがないよう、事前の確認が大切ですね。

自己処理をやってきた人は痛みが辛いことがある

最後は痛みに関する問題です。自己処理を続けて来た人が一番つらいのが脱毛の痛み。

特に、自己処理の方法で毛を抜いてしまっていた人はひざ下の毛が太くなっていませんか?太い毛の場合、光脱毛では痛みが強く出ることが多くなります

また、カミソリで剃る、除毛クリームで除毛するといった自己処理をされてきた方は、乾燥が気になるところ。

実は、肌質は脱毛の効果に大きく影響しており、カサカサ肌のままでは脱毛効果が薄くなってしまうんです

自己処理を続けて毛や肌が変化することは、これからの脱毛時の痛みや効果に影響してしまいます。

また、そのまま自己処理を行うとさらに乾燥や肌の痛みが増すことも考えらる、という点も注意が必要です。

足・ひざ下脱毛のデメリットを無くす方法とは?

そもそも、足・ひざ下を脱毛するには、自己処理以外にどのような方法があるのでしょうか?

それは、脱毛サロンでの脱毛」「医療期間での脱毛」「家庭用脱毛器でのセルフ脱毛に分かれます

それぞれの特徴は、以下の通りです。

脱毛サロン 医療クリニック 家庭用脱毛器
方法 光脱毛でエステティシャンが脱毛 脱毛レーザーで医師が脱毛 家庭用の脱毛器で自分が脱毛
メリット 美肌効果 永久脱毛が可能 自分のペースでできる
デメリット 期間が長い(1~2年) 費用が高い

脱毛時の痛みが強い

手間がかかる

相談ができない

平均的な費用 約4,000円/1回 約15,000円/1回 3~10万円/1台

それぞれに特徴がありますが、肌トラブルを抑えたいなら美容効果も期待できる脱毛サロン、短期間で安全に終わらせたいならクリニック、費用と手間を抑えたいなら家庭用脱毛機を選ぶといいでしょう。

ただし、それぞれに一長一短がありますから、全てのデメリットを無くすことは難しいものです。

そのため、あなた自身がどのデメリットを最も気にするかを整理した上で、ご自身にあった脱毛方法を選ぶことが大切です。

なお、もし迷った場合は脱毛サロンへ通うのがオススメ。

脱毛サロンはキャンペーンによって安く脱毛できる場合が多く、美容効果を期待できるサロンもあるので、足やひざ下の脱毛をするにはぴったりなんですよ!

「足・ひざ下」の範囲をチェックして納得の脱毛をしよう

脱毛するときは範囲をチェック

足・ひざ下は人に見られる機会が多い部位だからこそ、いつまでもキレイな肌を保ちたいものです。

また、脱毛サロンやクリニックで脱毛を始めるなら、「どこのクリニック・サロンに通うか」も重要なポイントです。

自宅や職場から近いか、価格は?効果は?と気になるところはたくさんあります。

ですが、一番最初にチェックしておきたいのは脱毛範囲です。

通い始めてから「ひざも脱毛したかったのにプランに入っていない……」などの後悔がないよう確認しましょうね。

ひざ下パーツに「ひざが入る」場合

まず、ひざ下パーツにひざを含むクリ二ックや脱毛サロンはほぼありません。

一般的には「ひざ上・ひざ・ひざ下」と3つのパーツに分かれていることがほとんどなんです。

また、足全体セットなどのセットプランの場合は、ヒザが含まれていることが多く足・ひざ下の範囲は膝小僧の下~足首が一般的。

ただし、サロンによって多少違いがあるので、事前に確認しておきましょう。

また、ひざ下にヒザが含まれるクリニックとしては「リゼクリニック」があります。

リゼクリニックの場合、膝小僧~くるぶしまでが「ひざ下」、脚の付け根から下~膝より上までが「ひざ上」となります。

足全体のセットもあり、コチラは太ももから足の指先までの足全体が範囲です。

ひざ下パーツに「ひざが入らない」場合

ほとんどのお店で足・ひざ下にひざは入らないため、まずは「どこまで脱毛したいか」を考える必要があります。

例えば、スカートのコーデが多く、よくひざが見える場合は「ひざ下+ヒザ」を選択。ロングスカートやパンツスタイルが多い場合は「ひざ下」のみでOKです。

しかし、注意したいのは「今後、太もも・ひざ上脱毛の予定があるか」ということ。

ある程度ひざ下脱毛が完了し、やっぱりひざも太ももも脱毛しようかな?と思ったとき、脱毛の終わったパーツと未処理のパーツの見た目に大きく差が出る場合があります。

パーツごとに回数を考えるのが面倒な方なども、足全体まとめて脱毛してしまう方が効率的かもしれませんね。

あなたに合ったサロンを選ぶポイントとは?

最後に、実際のクリニック・サロンの料金表を踏まえながら自分に合ったサロンの選び方をご紹介します。

まずはひざ下脱毛だけ?どうせなら足全体を一気に脱毛する?といった、どのパーツから始めるか迷っている方は、クリニック・サロン選びの参考にしてみて下さいね!

もちろん、最初に考えなければいけないのは、ご自宅の近くに店舗があるか?という点ですよ♪

金額・回数をチェックしてみよう!

それではさっそく、クリニックとサロンの料金を見てみましょう。

ここでは、数あるクリニック・サロンの中でも、リーズナブルな「アリシアクリニック」「ジェイエステ」をご紹介します。

アリシアクリニック ジェイエステ
ひざ上 11,000円 5,500円
ひざ 2,750円 2,750円
ひざ下 8,250円 5,500円
足セット 18,580円
※足の甲・指つき
18,000円
(脚2箇所プラン価格)
備考 5回料金を1回あたりで計算 回数が多くなるほど
単価が安くなる料金設定

※ 全て1回の料金(税込価格)で記載。

アリシアクリニックの場合、ひざとひざ下を受けると11,000円ですが、プラス7,580円で足セットにすると、足の甲・指付きで足全体をお得に脱毛できます。

一般的に、クリニックはキャンペーンやプランが少なめです。また、全身脱毛しかできないクリニックも少なくありません。

また、足は人気の部位であるため、足全体でのプランを用意しているクリニックは少なくないもの。

ただし、クリニックは複数の拠点を構えていること自体が少なめです。

その点では、湘南美容クリニックは全国的に展開しており、かつプランも豊富なのでおすすめできるクリニックの一つです。

ジェイエステの場合も、ひざのみ1回の価格よりも足セットで受ける方がお得なんです!

サロンに行くなんて高いのでは……?と思われるかもしれませんが、実は脱毛サロンの場合、意外なほどリーズナブルなプランを用意していることが少なくないんですよ。

太もも・ひざの脱毛をひざ下と一緒に受けるか迷われている方には、オススメのプランです。

脱毛サロンは多くの企業が参入している為、格安の費用で脱毛できる場合が少なくありません。ご自宅の近くにある脱毛サロンは要チェックですよ!

まとめ:自己処理せずに安心の脱毛サロンへ!

足・ひざ下の脱毛には多くのメリットがありますが、それと同時にデメリットがあるのも事実です。

ですが、それ以上に自己処理にデメリットやリスクがあるのも事実と言えます。

その為、足・ひざ下の脱毛をするならプロに任せるのが安心です。

また、足・ひざ下の脱毛は人気があることもあり、多くのサロンでキャンペーンを実施しています。また、足全体の脱毛をした方が時間も費用も断然オトクです!

また、最近では全身脱毛も増えているため、数回のヒザ下脱毛にトライして、全身脱毛でさらにお得に脱毛するのもアリですね。

今回の記事が、今以上の美脚を手に入れるための一歩になれば幸いです。キレイな肌で楽しい毎日を過ごしましょう!

カテゴリー 一覧

  • 脱毛お役立ち情報
  • 脱毛サロン情報
  • 医療脱毛クリニック情報
  • 脱毛LOVE特選記事
  • 家庭用脱毛器
  • 脱毛クリーム
  • 脱毛石鹸
  • ブラジリアンワックス
  • メンズ脱毛
  • 脱毛Q&A
  • 脱毛オトク情報
07月人気No.1